知っておきたい!毛と脱毛の基礎知識

毛の構造

毛幹
私たちが普段、「毛」と呼んでいる部分のことで、肌の表面から出て、目にしている部分がこの毛幹です。

毛孔
私たちが普段、「毛穴」と呼んでいる部分のことで、毛が皮膚の表面に出てくる部分で表皮のくぼみです。

毛根
毛幹の延長した部分で、皮膚の中にあるため、普段は見えない部分です。構造上は毛幹と同じものです。


毛の毛周期

毛は「成長期」「退行期」「休止期」という決まった3つの生え変わりのサイクルを繰り返しています。
この生え変わりのサイクルを「毛周期」と呼びます。
この 毛周期は生えている場所によって異なり、睫毛や眉毛といった3ヶ月程度と比較的短いものもあれば、女性の髪のように5年前後と長いものまで様々です。また、この毛周期によって、伸びる長さや速度が決まっています。 

成長期1
毛母細胞の分裂が始まると、皮膚の中で毛の成長が始まります。

成長期2
毛母細胞が活発に分裂して毛が成長し、皮膚表面に出て伸びている期間です。
成長期1、2を通じて毛が伸びている状態で、成長期が長ければ毛は長く伸びます。毛が伸びる速度も各部位によって異なります。毛球の色素量や水分量が最も多い時期がこの時期なので、 脱毛の施術はこの「成長期」の毛穴に対して処理が行なわれます。

退行期
毛母細胞の活動が止まることで栄養を受け取れなくなり、細胞分裂が停止します。このような、成長を終えた毛が抜け落ちるまでの期間のことで、毛球部分と毛穴との結びつきが徐々になくなっていくため、(頭髪では)ブラッシングや洗髪等によって、簡単に抜け落ちてしまう(自然脱毛)ようになります。また、色素量や水分量も徐々に減少していきます。

休止期
毛が抜け落ちて次に成長を始めるまで皮膚の中で活動を停止している数ヶ月の期間。 休止期に入ると、電気(絶縁針)脱毛では脱毛できませんし、医療レーザーの場合でもターゲットとなる毛がないので脱毛はできません。永久脱毛が一度の処理でできないのはこのためです。

毛包
毛根全体を取り巻く組織の事で「上部毛包」「中部毛包」「下部毛包」の3つに分かれています。

毛球
毛根の最下部にある部分です。球状に膨らんでいるその形状からこの名称になっています。 毛の発育で最も重要な部分がこの毛球部分になります。毛球で毛母細胞は活発に細胞分裂を繰り返し、上方に移動して毛を伸ばしています。

毛乳頭
毛根の底のくぼみの箇所です。毛乳頭には神経や毛細血管や神経が集中しており、毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで毛を成長させます。そのため、この毛乳頭及び毛包全体を破壊しない限り、毛を抜いても毛は再び生えてきます。

毛母細胞
毛乳頭の上の部分で、毛乳頭から栄養をもらうことで、毛母細胞が分裂し成長します。この成長により硬化し、うろこ状に伸びて毛孔から毛幹として出現します。したがって、この毛母細胞がある限り、いくら抜いても毛は次々に生えてくるです。永久脱毛は、この毛母細胞を医療レーザー脱毛処理などで破壊する方法です。

立毛筋
自分の意思で動く筋肉ではありませんが、「鳥肌が立つ」のは立毛筋が働いている証拠です。気温等によって、毛を立たせたり寝かせたりする役割を持っています。毛の発生に重要な役割を果たしているという説もあるようです。

皮脂腺
毛穴の中につながっており、皮膚を保護するための皮脂を分泌します。

 

 

脱毛エステサロン
銀座カラー 脱毛キャンペーン